軍事

近年の連邦軍

 元々北神公国連邦は軍部主導で建国された国なので、当初は予算や人員を大きく軍に充てていました。

 しかし近年では軍部主導ではなくなり、情勢も安定してきたので軍の予算や人員は減少傾向にあります。

 

 現在の正規兵力は約7万人です。

 

 核兵器削減条約の発行に先立ち、ここ数年は北嶼公国で核実験を繰り返しています。条約発効後は核開発が難しくなるので。

 

 

四軍と関連組織

 北神公国連邦の軍隊は陸軍、海軍、空軍、戦略軍の四軍に分けられています。

 戦略軍は弾道ミサイルや核兵器といった戦略兵器の開発、運用を行う軍です。

 これら四軍は総参謀部の司令に基づいて北神の防衛を行います。

 

 この四軍の他に、国防情報局、軍事情報局、軍部省という関連組織があります。

 国防情報局は諜報活動、工作活動を行う部署であり、謎に包まれた組織です。世界各地をうろうろしているらしいです。

 軍事情報局は敵の情報や軍事行動に必要な諸情報(気象条件や地勢)を収集し、それを総参謀部と各軍に提供します。

 軍部省は軍の人事、軍の資金管理、武器の調達等の事務仕事をします。

 

 

北神の戦略兵器開発

 連邦は弾道ミサイル、核兵器といった戦略兵器の開発に昔から注力しています。

 これは革命前の新仙礼蘭共和国の時代からです。60年前の夏戦争で大損害を受けて以降、抑止力としての核兵器の開発を精力的に進めて来ました。それを敵地に届ける弾道ミサイルの開発も同様です。

 

 現在、連邦が所有するする核兵器で最新の物は黒鬼8型原子爆弾です。

 大陸間弾道ミサイルは靉穿が最新の物で5000㎞以上の飛距離を持ちます。自走式の発射台から撃つ事が出来ます。

北嶼公国での核実験
北嶼公国での核実験