連邦の概要

北神公国連邦の国旗。青紫は冬の空と哀しみを、白の筋は雪を、紅は革命や戦争で流れた血を表している。

中央の星は統括局、8つの雪の結晶は建国当初の8公国を表す。

連邦の基本情報

国名 北神公国連邦(きたかみこうこくれんぽう)

国歌 『蒼い雪国』

首都 新岶市

面積 未設定

人口 約1300万人

言語 北神語96%、西楓語1%、ネトル諸語2%、その他1%

人種 北神人96%、北神人以外の卯楼系3%、その他1%

宗教 神道、大乗仏教

通貨 

GNI 69兆1200億銭

主産品 紙、電算機、航空機、木材、魚介類

北神公国連邦は鋭嵋大陸の北東端の北神半島及び南神半島、そこから北西に連なる西楓列島、夏島列島を領土とする国です。 

二つの半島と島々はどれも山がちで多くの火山を抱えます。

長く寒い冬は雪に覆われ、草木繁る温暖な夏は足早に去っていきます。

 

16年前、そんな土地に革命を経てこの北神公国連邦は誕生しました。

この国は20の公国と1の共和国で構成されており、これらが首都新岶に置かれた統括局の下に纏められ一つの連邦という形をとっています。

 

建国以来多難な歴史を歩んできましたが、それを乗り越え今は平和と繁栄を謳歌しています。

この国は一部を見れば先進国の様ですが全体を見ればまだまだ途上国か新興国といったところです。これから発展していきます。

 

北神半島の位置。北神半島・南神半島からなる本土と西楓列島と夏島列島を領有する。
北神半島の位置。北神半島・南神半島からなる本土と西楓列島と夏島列島を領有する。